B.O.B.L.レギュレーション

※ 赤字は前回からの変更箇所です

 

開催クラス

  • ノーマル50(60cc以下)
  • モディファイ50(60cc以下クラッチ付)
  • オープン90(100cc以下)
  • 耐久
  • GP50

 

第1条 出場車両

参加車両は、原則として1964年までに生産された、ボトムリンク式懸架装置を持つ排気量100cc以下のモーターサイクルに限ります。ただし同型式のまま継続生産されたモデルに関しては、主催者の判断により参加の可否を判断します。可否の判断は、エントリー前に必ず事務局の裁定を仰いでください。

 

第2条 エンジン

■排気量

エンジンのボアアップ等による排気量増減は可能ですが、変更後の排気量での該当クラスに出場することが出場の条件となります。出場クラスの判断は、エントリー前に必ず事務局の裁定を仰いでください。気筒数のオリジナルからの変更は一切認めません。

■弁機構

弁機構オリジナル構造からの変更を一切禁止します。

■付則

エンジンの外観を著しく変える改造は一切禁止します。その判断は事務局の権限により可否が決定されます。

■キャブレター

フラットスライド式キャブレターの使用は一切認めません。
N50クラスは口径20mmまで。

■トランスミッション

C50、C115等のT/Mを使用した改造車両はモディファイドクラスになります。

■冷却装置

その車両の生産時の機構に準じる(空冷車両の水冷化の禁止)。オイルクーラーの取り付けは可。

■キックスターター

ノーマルクラス参加車両は、キックスターターの取り外しは不可とします。ただしホンダC102初期型のセルモーター付きの車両は、メーカー出荷時よりキックスターターが無いため、例外とします。

 

第3条 クラッチ

乾式、湿式ともに、外部にオイルが漏れる機構は認めません。

 

第4条 フレーム

原則として、オリジナルから逸脱したフレームの使用は認めません。可否の判断は、エントリー前に必ず事務局の裁定を仰いでください。

スタンドは、センタースタンド、サイドスタンド共に外すこととします。

 

第5条 リアスイングアーム・サスペンション

スイングアームの形状は、原則としてオリジナルのもの以外認めません。角断面、楕円断面チューブ、テーパードタイプの場合はオリジナルに使用されている同一材質・形状の場合のみ認めます。リザーバー別体型リアショックユニットの使用は認めません。

 

第6条 フロントフォーク

ボトムリンクに限定します(内部ダンパー、スプリングの改造は可)。テレスコピックフォークは使用不可です。

 

第7条 ブレーキ

必ず前後ともに操作系統が独立したドラムブレーキを装着しなければいけません。ディスクブレーキの装着は禁止します。

 

第8条 ハンドルバー

ハンドルバーの左右両端の幅は400mm以上でなければなりません。また切れ角は左右それぞれ20度以上とします。グリップ及びレバーは、フェアリング等とのクリアランスを20mm以上確保しなければなりません。またハンドルバーと燃料タンクのクリアランスは、30mm以上確保してなければなりません。

 

第9条 クラッチ・ブレーキレバー

クラッチ・ブレーキの各レバー端部は、球状でなければなりません。

 

第10条 フートレスト・ペダル

フートレスト及びフートペダル類の先端は、直径20㎜以上、半径8mm以上に丸められていなければなりません。もしくは、ゴム類でカバーされていなければなりません。

 

第11条 リム・ホイール

すべての車両は、前後スポークホイールを装備しなければなりません。キャストホイール装着は禁止します。

リム径は最大18インチで、これ以外のリムはオリジナルサイズでない限り認めません。

リム幅に最大WM1(1.60)で、これ以外のリムはオリジナルサイズでない限り認めません。

リム径は最小15インチ、リムの材質はアルミ、スチールに限定します。

 

第12条 タイヤ

一般に市販されている公道用オンロード・バイアスタイヤのみ使用を認めます。ただしクラシックレース専用に開発・販売されている溝付きレーシングタイヤ(バイアス)については使用を認めます。

 

第13条 燃料タンク

原則として、スチール製、アルミ合金製、のみ使用を認めます。FRPの場合に限り、内部に防爆材を完全に充填することを前提に使用を認めます。燃料タンクにブリーザーホースのある場合は、ブリーザーホースにワンウェイバルブを装着し250cc以上の容量のキャッチタンクに配管しなければなりません。

 

第14条 オイルキャッチタンク

すべての車両は、その排気量より容量の多いオイルキャッチタンクを取り付けなければなりません。またキャッチタンクにはなるべくドレンボルトを取り付けてください。

オイルキャッチタンクからの排出側ブリーザーホースは、必ずキャブレター吸気側に向けて取り付けてください。オイルフィラーキャップ等の改造によりブリーザーをつける場合は必須です。ノーマルブリーザー車については今回は適用しませんが今後の開催サーキットによっては義務化されている場所もありますので、今後取り付けが義務化される可能性もあります。

ガソリンキャッチタンクは全車両装着を義務とします。

 

第15条 オイルアンダートレー

2ストローク車以外の車両は、オイルアンダートレーをエンジン下部に装着してください。オイルアンダートレーは、エンジンオイル容量の、半分の容量を保持できる構造でなければなりません。雨天時の対策として、ドレンボルトを設けて下さい。

 

第16条 ワイヤリング

事務局が指示した必須ワイヤリング箇所には、必ずワイヤリングを実施して下さい。インスペクションキャップなどワイヤリングを施すことが難しい箇所については、ガムテープ等で固定して下さい。

必須

  • ドレンボルト
  • マフラーボルト
  • エキゾーストフランジボルト
  • アクスルシャフト(フロント、リア)
  • スイングアームピボット
  • オイルフィラーキャップ
  • ブレーキトルクロッド(フロント、リア)

C100、C105等のキャブレターフロート別体モデルはフロートのロックネジの取り付けを義務とします。

ワイヤリングボルトを取り付けて下さい(販売いたします。事務局へお問い合わせください)。

 

 

第17条 スプロケットガード

リアスプロケットとドライブチェーン間の巻き込みを防止するための、フロント及びリアスプロケットガードを装着してください。

排気管等の構造上、リアスプロケットとドライブチェーンの間に巻き込みが発生する可能性がない場合は、スプロケットガードは不要です。

 

第18条 排気系

排気管は車両の後方に排出する形状でなければなりません。また排気管は後輪最高端垂線より突き出してはなりません。

直管は禁止、有効なサイレンサーの装着を義務とします。著しく音量が大きい場合は主催者判断で出走できない場合もあります。

 

第19条 フェアリング

フェアリングを装着する場合は、以下の条件を必ず満たして下さい。

  • 前輪は明瞭に左右両側から目視できること。
  • フェアリングの前後長は、前輪アクスル上の垂線の50cm前方から後輪アクスル上の垂線の間になければならない。
  • フェアリングの最低地上高は100mm以上を確保。
  • ライダー乗車状態で、両前腕部以外は、上方、後方、両側面から見えないといけない。
  • ライダーのヘルメットとフェアリング(スクリーン含む)の間は、100mm以上確保。
  • 後方に面しているフェアリングのいかなる部分も、先端部が角のない球状であること。
  • フェアリング前面のゼッケン部は、傾斜角度30度以内でなければならない。
  • 後輪は、後輪の垂線の後部円周180度に渡って見えなければならない。
  • ビキニカウルの使用禁止

 

第20条 フェンダー

タイヤ外周100度以上に渡って覆う、前輪フェンダーは全車取り付けなければなりません。

オリジナルで前輪フェンダーを装備していないフェアリング装着車両については、この規則は適用しません。

第21条 車両から取り外すもの

以下の部品は必ず取り外さなければなりません。

  • ヘッドライト、テールランプ、ウインカー等の灯火類
  • バックミラー
  • センター、サイドスタンド
  • 公道用ナンバープレート
  • バンパー等のガード類

 

第22条 使用禁止部品等

以下のものの使用は禁止します。

  • ターボチャージャー・スーパーチャージャーなど過給器の使用。
  • 前後アクスルシャフトへの軽合金の使用。
  • メタノール等アルコール燃料の使用。

 

第23条 危険防止

自他に危険を及ぼす改造は一切禁止します。車両検査において競技役員が危険と判断した車両は、出走を取り消します。

 

第24条 車両規則の変更

本規定は事務局からの事前告知により変更されることもあります。

 

第25条 ゼッケンプレート

車両は、前面と両側面に主催者によって決められたゼッケン番号を付けなければなりません。なお、各プレートは、楕円、または長方形の角のない危険のないもの(縦15cm、横20cm以上)でなければなりません。数字は必ず算用数字を使用し、見やすく明確なものでなくてはなりません。プレート・数字ともに、蛍光色の使用は認めません。

  • ノーマル50 黒ベース白文字
  • モディファイ50 緑ベース白文字
  • オープン90 赤ベース白文字
  • GP50 黒ベース白文字/末尾にXを付けてください

 

第26条 装備品

ヘルメットはフルフェイスヘルメットとします。

ウエアは上下とも革製とします。脊椎パッドの装着が義務づけられます。

靴は紐のない革製ブーツとします。

 

第27条 耐久レース

耐久レース参加車輌については、N50レギュレーションに準じる。

ライダー数は2名以上。

スタートはル・マン式としますが、天候によりローリングスタートになることがあります。

特別ルール(夜間耐久レース)

日没後の走行を含むため、ヘッドライト、テールランプの装着が必要です。

ヘッドライトは10W以上、直径10cm以上とします。Fゼッケンの取り外し、ノーマルヘッドライトの装着も可です。

テールランプは2W以上、直径2cm以上とします。

ヘッドライトは点灯指示後に点灯させるので、ライトスイッチの装着が必要です。

ガソリンの制限について

各チーム、ガソリン携行缶をご用意下さい。自分の携行缶が分かるようにして、ゼッケン番号を入れて下さい。
(5L以上入る金属製のものをご用意ください。)

耐久レースのスタート前に、出走車両のタンク内のガソリンを空にして車検を行います。
その後、給油所で用意されているジョッキを使い、お持込みのガソリンを 1L給油してグリッドにつきます。
スタート後は、1回のピットインにつき 1Lのみ給油が可能です(回数の制限はありません)。
給油の際にライダーチェンジをすることも可能です。

ライダーが自分で給油することは認められていません。
必ず2名以上で給油作業を行ってください。

 

第28条 GPクラス

本年度よりGP50クラスを設けます。N50クラスAでの上位入賞者等、B.O.B.L.事務局選出者により行われるレースです。ポイント制により年間ランキングを決定します。最大15名ほどを予定しております(降格昇格あり)。

GP50クラス スタート方法

押しがけスタートとします。グリッド決めは他クラス同様くじ引きで決定いたします。1日2ヒートを行い、各ヒート毎にポイントが加算されます。

GP50 車輌

基本的にN50と同様ですが、キャブレター口径の制限はありません。ただしフラットバルブキャブレターの使用は禁止です。
キックアームの取り外しも可能です。

ポイントについて

毎レースごとに、以下のポイントが加算されます。

1位 10ポイント
2位 8ポイント
3位 6ポイント
4位 5ポイント
5位 4ポイント
6位 3ポイント
7位 2ポイント
8位以下 1ポイント

規定周回数の半分以上(10周の場合6周)の周回をしない場合は、ポイントは加算されません。

 

以上